辛い腰痛を緩和したいなら敷布団は慎重に選ぼう

女の人

足裏樹液シート

足

足裏シートは疲れやむくみに効果的となりますが、効果をさらに上げるためには毒素を溜めないように定期的に使用していきましょう。また、足裏シートの種類はたくさんあるので、自分にあったものを購入し、日常に取り入れていきましょう。

Read

好みと値段で選ぶ

ベッド

寝具は一見ふかふかなタイプ、沈み込むようなタイプがよさそうですが、実際は高反発マットレスのようにしっかり体を支えてくれるタイプが良いとされます。素材によって種類があり、高性能で高いもの、安いものなどがあります。

Read

寝具を見直してみよう

腰痛

合わない寝具

腰痛はつらい症状ですが、朝起きたときが特につらいと感じている人もあるのではないでしょうか。睡眠は体の疲れや不調を取り除くのに役立つものですが、合わない寝具を使っていると、さらに不調が悪化してしまう可能性もあります。特に腰痛の人は敷布団には注意して慎重に選んでいくことが大切です。柔らかいタイプは寝心地が良いようなイメージもありますが、柔らかすぎると頭や背中が沈み込んでしまい腰にも負担がかかることとなります。睡眠は個人差もありますが、7〜8時間など長期に布団で過ごすこととなりますので、敷布団が腰痛に与える影響は決して少なくありません。起きたときにすっきりしない痛みが悪化しているという場合は早急に見直すことがおすすめです。

実際に試してみる

腰痛を改善するためには敷布団選びはとても大事となりますが、腰痛がある人には高反発タイプや体圧分散型の式布団を選ぶことがおすすめです。こうした商品を選んでおけば寝返りも打ちやすくなりますし、腰への負担もより抑えることができますので、腰痛の悪化を防ぐこともできます。そして、良い敷布団を選ぶことは、熟睡にもつながりますので、疲れもしっかり取り除くことができますし、健康にも美容にも良い影響を期待することができます。布団は実際に使ってみないことには合うかどうかを確かめることができませんが、お店によっては実際に横になって試すこともできますので、まずは実際にその使い心地を確認し、それぞれに合うものを選んでいきましょう。通気性の良さや保温性の良さも確認し、毎日快適に眠れる布団を見つけていきたいところです。

ぐっすりと眠るために

横になる女性

枕を選ぶ際には、その大きさや高さ形、そして素材の感触などといった自分好みのタイプを意識しながら、実際に寝心地を試してから購入するようにすれば、不要な枕がたまることを避けることができます。理想の枕を得ることができれば肩こりなどにも悩まされることなく、爽やかな朝の目覚めとともに快調な一日がはじまります。

Read